投稿日:2022年4月7日

製缶工事を依頼する際に気をつけたい公差とは

こんにちは!愛知県岡崎市に拠点を置き、東海エリアを中心に全国各地で機械解体工事や製缶工事、設備付帯工事を請け負っております、光真工業株式会社です。
製缶工事のご依頼をお考えの方の中には、公差についてお悩みの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、製缶工事を依頼する際に気をつけたい公差についてご紹介いたします。

公差は一定の品質を保つために必要


製品の図面などをご覧になったことのある方の中には、±の横に数字が書かれているのを見たことがある方もいらっしゃるでしょう。
この±の横に書かれている数字が公差です。
公差は許容される差のことを指します。
実際に製品をつくると、どうしても一定の誤差が出てしまいます。
あまりにも誤差が大きいと製品として使用できないなどの支障が出てしまうでしょう。
誤差の範囲を公差として事前に決めておくことで、製品に一定の品質が保たれるようになります。

過剰な公差指定を避ける

製缶工事の依頼をお考えの方の中には、「誤差が全くないようにつくってほしい」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
公差を厳しく設定することで、より品質のよい製品が製造できます。
しかし、すでに発生してしまった軽微な誤差をなくすために精度を高めようと更に手間を増やすことは、過剰な品質を求めることにつながるでしょう。
誤差をなくすために追加の作業を行うには、さらなる手間や加工コストが必要です。
事前にしっかりと公差を決めておくことは、こうした過剰な公差指定によるコストアップを避けることにもつながります。
適切な公差を指定することで、最適な工期・コストで製品を製造できるでしょう。

製缶工事のご依頼は弊社へご相談を


製品をしっかりと決められた公差内に収めるには、技術力が必要です。
弊社では業歴約20年の代表を筆頭に、実績と技術力を持つスタッフが在籍しております。
それぞれが実力を発揮し、抜群のチームワークを生かすことで高品質の施工をスピーディーにお届けします。
「希望通りの製品をつくってほしい」
「溶接などの金属加工をしてくれる業者を探している」
「製缶工事の依頼をしたい」
などのご要望をお持ちの方は、ぜひ弊社へお問い合わせください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

製缶・設備業者のおすすめは愛知県岡崎市の光真工業株式会社です
光真工業株式会社
〒444-2135 愛知県岡崎市大門5-12-8
TEL:0564-83-5727 
FAX:0564-83-5728 
代表直通:090-1728-6117


関連記事

フレーム製作 Part Ⅱ

フレーム製作 Part Ⅱ

今回も別の取引先様からのご依頼でフレームの製作です。 大小三種類のフレーム架台の製作を致しました。 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

光真工業株式会社では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサ …

製缶工事 ロボット架台

製缶工事 ロボット架台

製缶工事 ロボット架台 ロボット架台の製作にあたり、製缶工事を行ないました。 製缶工事とは 製缶工事 …

お問い合わせ  採用情報