投稿日:2023年3月21日

フレームを依頼する前にコストダウンする方法とは~製缶工事~

こんにちは!豊田市を含む東海エリアを中心に全国各地で活動しております、光真工業株式会社です。
弊社は愛知県岡崎市に拠点を置き、製缶加工・溶接加工・架台製作などの製缶工事や溶接工事、機械器具設置工事を承ってまいりました。
製缶工事でフレームの依頼をお考えの方の中には、「できるだけコストを抑えて依頼したい」とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、フレームを依頼する前にコストダウンする方法についてご紹介いたします。
フレーム製作のご依頼をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

設計段階でコストダウンしよう!

考えるスーツの男性
製缶工事ではさまざまなフレームを製作しており、製作したフレームは多種多様な場所で使用されています。
フレームを依頼する際に気になるのがそのコストですよね。
特に部材が大きい機械や設備のためのフレームは、設計の段階でより大きな価格差が発生してしまいます。
そのため、できるだけコストを抑えるためには、設計段階でコストダウンを考慮しておく必要があります。

溶接加工しやすい形状にする

溶接加工を行う際は部材同士を接合する加工が必要です。
この接合部分のことを継手といい、突合せ継手、重ね継手、角継手などさまざまな種類があります。
こうした継手は接合したい部材の状況によって変える必要があります。
設計の段階で、製作したいフレームの形状や強度面を考慮し、加工しやすい形状にしておくことで余分な手間を減らせるため、コストダウンにつながるでしょう。

溶接加工する箇所を少なくする

溶接加工を行う際に考慮しておきたい点として、溶接歪みがあります。
特に全長が大きくなるフレームを溶接する場合、大きな溶接歪みが発生しやすいです。
この溶接歪みが発生してしまうと、歪み取りという仕上げ加工に時間がかかってしまい、コストアップの要因になってしまいます。
溶接歪みの量を抑えるには、設計を行う際に溶接箇所を少なくすることが大切です。

フレームの製作をお考えではありませんか?

見積書と電卓
今回は、フレームを依頼する前にコストダウンする方法についてお話しいたしましたが、いかがでしたか。
大切な設備を支えるフレームは、コストダウンを行いたいのはもちろん、安全に使用できることも重視したいですよね。
弊社では、製缶加工から搬入、アフターメンテナンスまで一貫して行っております。
弊社で一貫して対応を行っているからこそ、品質や工程なども安定しやすく、納期などのご相談も柔軟に承っております。
業界歴約20年の代表を筆頭に、熟練のスタッフがお客様に心からご満足いただける施工をお届けいたしますので、愛知県岡崎市や豊田市、刈谷市・西尾市・安城市・みよし市・田原市でフレーム製作をお考えの際は、ぜひ弊社へご相談ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

製缶・設備業者のおすすめは愛知県岡崎市の光真工業株式会社です
光真工業株式会社
〒444-2135 愛知県岡崎市大門5-12-8
TEL:0564-83-5727 
FAX:0564-83-5728 
代表直通:090-1728-6117


関連記事

部品保管棚の製作

部品保管棚の製作

今回はお客様のご依頼により、製品製作時に於ける定期検査のための製品保管棚の製作を行いました。 こちら …

光真工業株式会社で生き生きと働こう

光真工業株式会社で生き生きと働こう

光真工業株式会社では、溶接加工・製缶加工を行なっています。 工場・プラントなどで必要とされる製品を提 …

オヤジの独り言(初物)

オヤジの独り言(初物)

もうすぐ春です。日中は子供たちも楽しそうに遊んでます。まん防も明けました。 と言う事で一人で行きつけ …

お問い合わせ  採用情報